看護師を目指す

白衣の天使として知られる看護師ですが、その役割は多岐にわたります。
医師の指示を受けて、様々なケアを行い、患者さんの痛みや苦しみに向き合います。
この仕事は専用の養成学校を卒業し、国家試験に合格することが必要です。
一度取得した資格は一生涯有効ですが、常に研鑽が必要です。
養成学校にはいくつか種類があり、看護大学や看護専門学校が一般的です。
もっとも、中学卒業後、准看護師になられる方や、社会に出た後に、養成学校に通われる方もおられます。

保健師や助産師と言った、より専門的な資格もあります。
こちらは、一定の就業年数を積み、試験に合格することで名乗れます。
もっとも、看護学校に在学されている方なら、所定の単位を納めることで、ダブル受験が可能です。
その他に、認定看護師や専門看護師と言った、より専門的なスキルを必要とする仕事に就くルートもあります。
ただし、保健師、助産師は、一生涯にわたり資格が認定されますが、認定看護師および専門看護師は5年ごとに更新が必要です。

養成学校に合格するためには、高等学校での成績を上位に保ちましょう。
一般教養など、最低限必要な知識は、学生のうちに身につけましょう。
養成期間は3年もしくは4年で、試験内容は国語や数学などの筆記試験や面接、小論文などです。
これらは学校によって異なりますので、ご希望の学校の入試要項をご確認下さい。
看護の仕事は決して楽しくはありませんが、生きがいや喜びが感じられる仕事です。
精神的および肉体的にタフな方に向いているでしょう。

Copyright © 2014 看護師になるための勉強法を解説! All Rights Reserved.